カレー鍋つゆが大人気

家庭で作る鍋といえば、だしをとって作る方ももちろんいると思いますが、スーパーなどで売っている鍋つゆが重宝しますよね。鍋つゆにも種類があって、みそ鍋つゆ、しお鍋つゆ、ちゃんこ鍋つゆ、豆乳鍋つゆ、水炊きつゆなど色々あります。最近カレー鍋のつゆがブームになりそうです。ハウス「カレー鍋つゆ」はよくスーパーで見かけます。カレー鍋つゆとは、鶏や魚でとった和風だしとカレーを混ぜ合わせた今まで味わったことのない新感覚の鍋つゆです。豚肉やキャベツ、にんじん、きのこや魚介類などお好みの具材を入れてたべます。今年のあるアンケートによると、食べてみたい鍋No.1がカレー鍋。色んなメーカーも続々とカレー鍋つゆが売り出されています。さらになんと言ってもカレーは子どもたちも大好きですからね。東京・世田谷区三軒茶屋とうきゅうには、鍋つゆコーナーの横になんとカレー鍋つゆだけのコーナーを設けているんです。カレー鍋つゆ市場は約20億円という驚きの数字です。ズームインの街頭インタビューでは、お鍋とカレーを一緒に美味しく食べられていいという意見がありました。去年カレー鍋つゆを扱っていたメーカーはフジッコ、日本水産、永谷園でしたが、これに加え新たに6社、モランボン、エスビー食品、ヤマモリ、日本食研、ハウス食品、桃屋の合計9社が名を連ねています。

博多牛もつ鍋 (味噌)本場の味はこちら
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。